ポーセリンペインティング☆ブログ

『レンブラントのモナリザ』

サントリーミュージアムで開催されている、
『ポーランドの至宝 レンブラントと珠玉の王室コレクション』へ。

ワルシャワ王宮や、旧都クラフクの王宮ヴァベル城所蔵の
絵画や工芸品などが展示されていました。

今回の目玉は、『レンブラントのモナリザ』と称される
『額縁の中の少女』(レンブラント作 1641年) です。
額縁から少女の手が出ていて、遊び心が感じられました。
そして、さすが『光と影の魔術師』と呼ばれるレンブラントです。
ほの暗い背景の中に、少女の顔や洋服、手の陰影がとても丁寧に
描写されていました。

その他、ポーランドが生んだ偉人、コペルニクス、ショパン、キュリー夫人に
関する資料も展示されていました。
直筆文書などを見ていると、少しだけ・・身近な存在に思えてきます☆
a0142338_14435951.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-10-31 14:52 | 展覧会日記 | Comments(0)

コスモス

ポーセリンペインティング☆コスモスです。

あちらこちらで、綺麗に咲いています♪

a0142338_0131041.jpg
a0142338_0132012.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-10-30 00:14 | ポーセリンペインティング日記 | Comments(0)

ウサギちゃん

友人のお母様が、ウサギのお人形を作って下さいました。
ピンクの着物は、元はご自身の羽織だったそうです。

どこに座らせようかと思案していると・・・
母がチクチクとお座布を作成☆

やはり女性は手仕事が好きなのだなぁ、としみじみ
感じたのでした☆
a0142338_1851490.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-10-28 19:02 | ルンルン♪日記 | Comments(0)

芸能の秋☆

週末に、大阪平成中村座の歌舞伎公演を観に行きました。
劇場は大阪城西の丸庭園に設営されています。

今回の演目は、『俊寛』 『太閤桜』 『弁天娘女男白波』でした。
見所は何と言っても、『太閤桜』のラストシーン。

秀吉やねねがお花見に興じている最中、明智光秀の亡霊が現れます。
自身の最後を予感した秀吉が、光秀にあの世の事情を聞かせてほしいと
難波の城の茶室に誘います。
そこでステージの奥の壁が開き、ライトアップされて白く輝く大阪城が
姿を見せるのです。
二人は桜吹雪が舞う中、お城へ向かって歩き出します・・

会場からは、おーっ!! と歓声が・・!
『この世のもの・・!?』 と思わせるほどの幻想的な光景でした。
今でもしっかり目に焼き付いています。
大満足の一日でした☆
a0142338_21553943.jpg
a0142338_2156470.jpg
a0142338_21561420.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-10-27 22:09 | ルンルン♪日記 | Comments(0)

お気に入りの器で☆

友人のM子ちゃん家でお夕飯をいただきました☆
耳付きの器が、丹波焼きの陶器祭りで見付けたものです。
温もりがあって、これからの季節に重宝しそうです。
お気に入りの器を使うと、美味しさ倍増ですね♪
a0142338_134420.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-10-27 01:07 | 美味しいもの日記 | Comments(0)

マカロンシリーズ☆

ポーセリンペインティング☆マカロンシリーズの器です。

生徒さんが描かれた器たちです。
ディスプレイして、写メで送って下さいました。
とっても可愛いです
楽しいティータイムになるでしょうね☆
a0142338_1943551.jpg
a0142338_1944667.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-10-25 19:13 | ポーセリンペインティング日記 | Comments(0)

きれいに咲いてね

バラの鉢植えをいただきました。
蕾がぷっくりと膨らんできています。
お皿に咲かせるのが楽しみ・・♪
a0142338_12204035.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-10-23 12:22 | ルンルン♪日記 | Comments(0)

開窯300周年記念 大マイセン展

ポーセリンのレッスンが終わった後、神戸そごうで開催されている
マイセン展へ行ってきました。

ワクワクしながら会場へ向かうと、入り口に並んでいたのは
焼成に失敗してスプーン同士がくっついてしまったものや
パックリ大きなヒビが入ってしまった置物、重さに耐え切れず
ぐにゃりと歪んでしまった大きな壷、焼成前の『マイセンのバラ』
などなど・・、失敗作から始まる展示会なんて面白い!!! と
ワクワクが倍増!
そして、会場に入ると開窯300周年を記念して作られた作品がずらり☆
豪華絢爛なポットやティーセット・・・、中でも一番興味をそそられたのが
小さな絵本でした。
ハガキの半分くらいの薄い陶板に、磁器の研究の始まりから
現代までの歴史が10ページにわたって描かれ、きちんと製本されています。
思わず『かわいい・・♪ 』と呟いていました☆

会場の奥には、磁器人形の絵付けのデモンストレーションコーナーが
ありました。
残念ながらデモを見ることは出来なかったのですが、お道具を
じっくりと観察。
パレットはガラス板、筆は羽管の丸筆が12、3本、大き目のナイフに
赤いスタビロ鉛筆、筆を拭くのは布切れ、オイルはテレピンらしき匂い、
『あ、溶く前の絵の具はフィルムケースに入れてある・・♪ 』 などなど。
お勉強させていただきました。

その他、見たことのない作品がたくさん展示されていて見応えがありました。
神戸そごう本館9階で、10月25日(月)まで開催されています☆
a0142338_23214960.jpg

          会場の写真撮影はできませんので、手持ちの本などを・・☆
[PR]
by tomo_028 | 2010-10-21 23:45 | 展覧会日記 | Comments(0)

『私を忘れないで』

ポーセリンペインティング☆忘れな草のカップ&ソーサーです。

a0142338_2242762.jpg
a0142338_224407.jpg

 
花言葉は、『私を忘れないで』・・・☆
[PR]
by tomo_028 | 2010-10-20 22:11 | ポーセリンペインティング日記 | Comments(0)

練るべし、練るべし☆

SPシリーズの絵の具を練ってます。
粒子も細かく滑らかです!
ケースに詰めて・・またまたにんまりです♪
a0142338_21382226.jpg

固めにしっかり練ります。
描く直前にも練り直しましょう。
ペイントを中断し時間が経ったら、再び練り直します。
(ただし途中で置いておくとホコリが入りやすいです。出来るだけ1回のペイントで
使い切る量をタイルに並べるのが良いでしょう。)
a0142338_21322460.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-10-19 21:47 | ポーセリンペインティング日記 | Comments(0)

フォロー中のブログ

最新のコメント

どうもありがとうございま..
by tomo_028 at 20:48
おめでとうございます。 ..
by shibame314314 at 21:01
はい♪ 楽しいひとときを..
by tomo_028 at 23:39
カタログ掲載の作品、とっ..
by shibame314314 at 21:10
ご来場どうもありがとうご..
by tomo_028 at 22:27
素晴らしい作品ばかりでと..
by 井ノ上妙子 at 15:35
コメントありがとうござい..
by tomo_028 at 19:46
これはほんまに特等席です..
by Masa at 10:03
コメントを頂戴し、どうも..
by tomo_028 at 22:39
こんにちは。 私もヒテ..
by desire_san at 18:49

メモ帳

最新のトラックバック

光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
大倉陶園 碗皿コレクショ..
from CRAFTS DESIGN
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
西洋白磁の頂点に君臨する..
from dezire_photo &..
ラファエロ美術の変遷とラ..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ハンドメイド♪
at 2017-12-11 18:16
キラキラツリー
at 2017-12-10 21:31
体験講座
at 2017-12-09 18:23
兜と出世鯉
at 2017-12-02 21:32
忘年会!
at 2017-11-30 20:47

ファン

ブログジャンル

ハンドメイド
アート・デザイン