ポーセリンペインティング☆ブログ


ポーセリンペインティングや日々の日記
by tomo_028
プロフィールを見る
画像一覧

ポーセリンペインティング☆動物を描く

私はポーセリンペインティングで動物を描くとき、『ダミ筆』(リス毛)を
よく使います。
筆の先を少し開き気味にして使うと、毛の感じが表現しやすいのです☆
a0142338_22571925.jpg
a0142338_2304131.jpg
a0142338_2311667.jpg

ダミ・・陶芸の用語:文様を描くときに、線描きした輪郭線の内側を塗り潰す技法
をいいます

[PR]
by tomo_028 | 2010-02-25 23:16 | ポーセリンペインティング日記 | Comments(0)

レッスン後は・・

夜景を眺めながら、湯豆腐会席♪
ん~、贅沢~☆
やっほーい!!!
a0142338_23463167.jpg
a0142338_23464510.jpg
a0142338_2347084.jpg

お店の入り口に素敵なお雛様☆
[PR]
by tomo_028 | 2010-02-23 23:50 | 美味しいもの日記 | Comments(0)

スイーツのカップ&ソーサー☆

生徒さんがお孫さんの為に描かれた、カップ&ソーサーのセット☆
あんまり可愛いので、写真を撮らせていただきました。
お孫さん、きっとお喜びになりますね
a0142338_2343110.jpg
a0142338_23431314.jpg

カップの底もカワイイ♪
[PR]
by tomo_028 | 2010-02-23 23:44 | ポーセリンペインティング教室 | Comments(0)

エリザベート

先日絵付け体験を終えた後、京都国立博物館で開催されている
『THE ハプスブルク』展へ行きました。
美しい肖像画がたくさん展示されていましたが、中でも
『オーストリア皇妃エリザベート』の素晴らしいこと・・☆
書籍などで何度も目にしていましたが、やはり本物はその比では
ありません。
凛とした表情に吸い込まれるようで、しばしその場を立ち去り
難かったです。

肖像画の鑑賞は、ポーセリンペインティングで人物を描くときの
勉強になります。
髪の毛や肌の陰影の出し方、衣服の皺の描き方などを意識して
観察します。
肌は、いわゆる『肌色』と、それを暗くした色だけで描きがち
ですが、絵画を観察すると、グリーン、ブルー、パープルなどの
色も使われています。
そして、人物の輪郭線もポイントです。
殆どがくっきりさせず、ぼかし気味に描かれています。
KPMのアンティークの人物画などを見ても、同様ですね。
これらが、美しい人物画を描くポイントかな、と思います☆
a0142338_2226930.jpg

右上がエリザベートです♪
[PR]
by tomo_028 | 2010-02-22 22:37 | 展覧会日記 | Comments(0)

下絵付け体験☆

昨日、京都の窯元で絵付け体験をさせて頂きました。

絵付けの前に、京焼についてのミニ講座を開いて
下さいました。
京焼と聞いて、どんな器を想像するでしょうか・・?
きっと人それぞれだと思いますが、すべてが正解☆
京都で焼かれている焼き物=『京焼』なのです。

京焼の始まりは、安土桃山時代です。
桃山文化と共に、急激に焼き物が盛んになりました。
それまで大名や豪商は、焼き物を海外に発注していたので
手元に届くまでには何年もかかったそうです。
そこで、大名たちは職人を連れて来て、自分の趣味に
合わせてあらゆる種類の器を焼かせました。
そのすべてを『京焼』と呼ぶそうです。
なので、特に焼き物に名称がつくことも無かったのですが
後に分類する為、地名を用いたりして名付けた(古清水焼、
粟田焼、御室焼など)とのことでした。

ところで、京焼=清水焼とも言いますが、これは
昭和35年~37、8年に、問屋さんが京焼を全国に
広める為に『京都の焼き物を清水焼と呼ぶ』協定を
結んだそうです。
ちなみに、現在の正式な名称は『京焼清水焼』だそうです。
お勉強になりました♪

さて、楽しい絵付け体験です!
モチーフには胡蝶蘭を選びました。
白い釉薬のかかった素焼きの器に鉛筆で下書きし、
面相筆で線描きをします。
続きは・・、なんと職人さんの手に委ねます♪
デザインや下絵の段階でもかなり甘えてしまいましたが・・!
どんな仕上がりになるか、とっても楽しみです☆☆☆
a0142338_2146489.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-02-20 22:07 | イベント日記 | Comments(0)

グラスペインティング☆フラワーベース

今回は、ガラス絵付けの作品をアップします☆

絵の具はガラス絵付け専用のものです。
その他の道具や溶剤は、磁器上絵付けと同じです。

手順としましては・・
・ガラス器に白の絵の具を塗り、スポンジングします。
 (下に向かってぼかしていきます)   《逆さにして第1焼成》

・バラを描きます。   《逆さにして第2焼成》

今回は、560度で焼成しました。
ガラスの質、器の形状などにより温度を調整します☆
うっかり温度を高めに設定すると、ぐにゃりと曲がってしまうので
要注意です
a0142338_239232.jpg
a0142338_2393889.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-02-17 23:10 | ポーセリンペインティング日記 | Comments(0)

ポーセリンペインティング☆和菓子の小皿セット

先日アップした、和菓子のペン描き小皿に着色しました。
今回はペン描きの段階で一度焼成しましたが、グラオイル&アスピックオイルを
使って描いた場合、時間を置くとしっかり乾くので同時に着色も可能です☆
・・だからと言って、あまり触り過ぎないように注意です!
a0142338_22103020.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-02-14 22:15 | ポーセリンペインティング日記 | Comments(0)

レーズンパン♪

レーズンの、宝石箱やー☆☆☆
a0142338_22481035.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-02-12 22:48 | 美味しいもの日記 | Comments(0)

ポーセリンペインティング☆2月のカップ&ソーサー

a0142338_21261445.jpg
水仙のカップ&ソーサーです。

1年前にペイントしました。

まずはお花屋さんで水仙の鉢植えを買ってきて、デッサン&デザイン。
花びらは何枚だったっけ・・?
葉っぱはどんな風についてったっけ・・?
どんなモチーフを描くときにも感じますが、よく目にしているものでも
なかなか仕組みを観察できていないものです☆

デッサンすることは大切です。
出来上がったパターンを応用することも少なからずありますが、
実物を観察し、デッサンしてデザインを起こすことで形が頭の中に入り
ペイントするのも楽になります。

手順は・・
・水仙を描きます(2~3回の焼成)。
・水仙をコート剤で伏せて、バックの水色をスポンジングします。《焼成》
・金彩を施します。《焼成》

a0142338_21262774.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-02-10 21:30 | ポーセリンペインティング日記 | Comments(0)

杏仁豆腐♪

中華の最後は、やっぱり杏仁豆腐♪
美味でした~☆
a0142338_232253100.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-02-09 23:25 | 美味しいもの日記 | Comments(0)

フォロー中のブログ

最新のコメント

どうもありがとうございま..
by tomo_028 at 20:48
おめでとうございます。 ..
by shibame314314 at 21:01
はい♪ 楽しいひとときを..
by tomo_028 at 23:39
カタログ掲載の作品、とっ..
by shibame314314 at 21:10
ご来場どうもありがとうご..
by tomo_028 at 22:27
素晴らしい作品ばかりでと..
by 井ノ上妙子 at 15:35
コメントありがとうござい..
by tomo_028 at 19:46
これはほんまに特等席です..
by Masa at 10:03
コメントを頂戴し、どうも..
by tomo_028 at 22:39
こんにちは。 私もヒテ..
by desire_san at 18:49

メモ帳

最新のトラックバック

光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
大倉陶園 碗皿コレクショ..
from CRAFTS DESIGN
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
西洋白磁の頂点に君臨する..
from dezire_photo &..
ラファエロ美術の変遷とラ..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

だんじり祭
at 2017-09-24 16:00
作品展示販売☆
at 2017-09-20 18:15
クリスマス作品☆
at 2017-09-18 22:34
ミニミニシュガーポット完成です☆
at 2017-09-16 15:56
むす美展
at 2017-09-14 07:35

ファン

ブログジャンル

ハンドメイド
アート・デザイン