ポーセリンペインティング☆ブログ


ポーセリンペインティングや日々の日記
by tomo_028
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:展覧会日記( 123 )

ブーケ・ロジエ作品展 無事終了☆

ブーケ・ロジエ作品展が無事終了しました。
お陰様で500名ものお客様にご来場いただき、感謝感謝です☆

回を追うごとに会員の皆さんが腕を磨かれていて、私自身
とても勉強させていただきました。
そして、二日間を通して交流を深めることができたのも
嬉しいことの一つ!
素敵なご縁が広がりました。

お忙しい中お出で下さった皆様、どうも有り難うございました。
次回は三年後です003.gif


a0142338_2157016.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2015-11-27 22:16 | 展覧会日記 | Comments(0)

風神雷神

昨日、京都国立博物館で開催されている展覧会『琳派 京を彩る』へ。

さすが琳派!、人気があります。
入場するまでに50分待ち!

今回の目玉は『風神雷神』。
なんと宗達と光琳と抱一の作品が並べて展示されています。
もう、大感激でした。
雷様の表情、雲の軽やかさや構図など、私はやっぱり宗達が好きです。

作品の他に興味を引かれたのは、光悦村の地図です。
急に親近感が湧き!、ここで活動した人達がどんな暮らしをし、
制作をしていたのか想像を膨らませながらしばし見入りました。

a0142338_22363684.jpg


a0142338_22364095.jpg


a0142338_22364300.jpg


↑新しくできた建物『平成知新館』には初めて入りましたが、とっても綺麗で立派!




それから大阪へ移動!
国立国際美術館で開催されている『クレオパトラとエジプトの王妃展』へ。

古代エジプトの女王や王妃は、時に政治や宗教的役割を果たしました。
その女性達にまつわる文化財が展示されています。

アイラインを引くための化粧道具やアクセサリーなどを見ていると
こちらも又親近感が湧いてきます。
絶世の美女として有名なクレオパトラは、実は素顔が分かる発掘物は
とても少ないのだそうですが、7か国語を操るとても聡明で教養の
ある女性だったとか。

a0142338_22364630.jpg

































[PR]
by tomo_028 | 2015-11-07 18:03 | 展覧会日記 | Comments(0)

ムーミンはカバではありません。

ハルカスの美術館で開催されている『トーべ・ヤンソン展』へ。

彼女はムーミンの生みの親として知られていますが、他にも油彩、
雑誌の表紙、挿し絵など制作活動は多岐にわたっています。

多くの作品には反戦主義者としてのメッセージが込められています。
もちろん、ムーミンシリーズにも。
ただ可愛いだけの物語ではないのですよね。


a0142338_23333221.jpg










[PR]
by tomo_028 | 2015-09-21 23:19 | 展覧会日記 | Comments(0)

ルーブル美術館展

昨日、京都市立美術館で開催されているルーブル美術館展へ
行ってきました。

今回の展示は、人々の日常生活を描いた風俗画を中心に構成
されています。

ただ生活の一場面を切り取っただけで無く、庶民の理想や教訓の
意味合いが込められた作品がたくさんあり、この人物の行いが
一体何を訴えているのか、このモチーフは何を意味しているのか・・
と解説を読み考えながら鑑賞するととても面白かったです。

a0142338_23025958.jpg

目玉は、光の魔術師フェルメールの『天文学者』。
布の上のきらめく反射光が見事に描かれている傑作です。
[PR]
by tomo_028 | 2015-09-07 23:00 | 展覧会日記 | Comments(0)

東京日記 その3

作品展二日目は、チャリティー会場のお当番を。
こちらでもオープン前から大勢のお客様が並んで下さいました。

お役を終えたあとは、市ヶ谷の日本ヴォーグ社まで。
実際にお材料を見てお買い物できるのは嬉しいですね。
大阪にお店があった頃を懐かしく思い出しました。

a0142338_19155277.jpg


a0142338_19160600.jpg




それから会場へ戻ってゆっくり作品を鑑賞し、閉会後搬出。
さて、帰りの新幹線に・・・の前にもう一つ!
東京駅にある東京ステーションギャラリーで開催されている九谷焼展へ。
ここはギャラリーと言っても立派な美術館です。
古九谷、再興九谷から現代作家の作品までがたくさん展示されて
いました。
最後には赤絵の施された大きな壷が展示されていて、その成型と
絵付けの様子がビデオで紹介されていました。
なんと完成までに10数回焼成されるそうです!

a0142338_19163177.jpg


a0142338_19163836.jpg


a0142338_19164398.jpg


a0142338_19164993.jpg


a0142338_19170265.jpg


a0142338_19170728.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2015-08-31 17:37 | 展覧会日記 | Comments(0)

東京日記 その2

作品展当日の朝会場に入り、搬入作業をしました。
早くからたくさんのお客様が足を運んで下さり嬉しかったです。

そのあと次の作品展の打ち合わせなどを終え、ホキ美術館へと
向かいました。
こちらもいつか行きたいと思っていたところです。

この美術館は、千葉県にある写実絵画専門の美術館です。
約50人の作家の350点程の作品を所蔵しています。
モチーフは人物が多く、その他静物、風景、動物など。
もう写真にしか見えないほど緻密に描かれた作品には
『観察するとはこういうことですよ』と教えられた気がします。

タイミング良くギャラリートークに参加でき、写実主義の流れや
作品に込められた思い、作家さんのエピソードなどを
興味深く伺いました。

建物もモダンで面白く、素敵なレストランもあるんですよ♪

a0142338_16203952.jpg


a0142338_16204247.jpg


a0142338_16204624.jpg


a0142338_16205026.jpg


a0142338_16395615.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2015-08-30 15:12 | 展覧会日記 | Comments(0)

東京日記

お陰様で、J.P.P.A.作品展が無事に終わりました。
約300名の作品が並び圧巻でした。
ヨーロピアンの作品が多かったですが、アメリカン、ポートレート、
イングレーズ、グラスペインティング、赤絵風などなど、幅が広くて
見応えがありましたよ!
写真撮影が出来なかったのでご覧頂けなくて残念ですが、又教室で
お話しますね。

今回は作品展の前日に東京入りしたのですが、折角だから!とあちこち
巡ってきました♪
まずはずっと行ってみたかった合羽橋へ。
ここは、あらゆる食器、厨房器具、包材、食品、調理衣装などが揃う
問屋街です。
お店の多さにビックリ! ワクワク! 楽しい!003.gif

a0142338_17424288.jpg


a0142338_17425574.jpg


a0142338_17430894.jpg

       ⬆こちらは陶画舎の姉妹店『キャニオン』

a0142338_17432143.jpg

            カッパもおります。

a0142338_17432505.jpg



それから、表参道へ移動して陶画舎へ。
お教室では生徒さんが熱心に絵付けをされていました。
売り場スペースが以前と比べて狭くなったのが少々残念・・。
表のショーケースに色んな作品が飾られていたので、ゆっくり見せて
頂きました。
a0142338_17432808.jpg



そして、南青山をテクテク歩き嶋田洋書へ。
a0142338_17434215.jpg


a0142338_17435647.jpg


a0142338_17440840.jpg

悲しいことに、もうすぐクローズです。
私達には貴重な本屋さんだったのに、本当に残念。
これまでお世話になりありがとうございました☆


そのあとお洒落な街を散策し、ホテルへ戻りました001.gif
[PR]
by tomo_028 | 2015-08-29 17:02 | 展覧会日記 | Comments(0)

チャリティー作品

J.P.P.A.展では、作品のチャリティー販売も行います。
そちらも是非楽しみにお越し下さいませ。
少しでも世の中のお役に立てますように!と梱包中です001.gif



a0142338_17552798.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2015-08-25 17:57 | 展覧会日記 | Comments(0)

ボヘミアングラス

神戸市立博物館で開催されているボヘミアングラス展へ。

ボヘミアでガラスの製造が盛んになった14世紀のものから
現代のアートグラスまでが、時代を追って展示されています。

最初の頃のものは透明性に欠けますが、その風合いや
手に取るとしっくり馴染みそうな感じ、又デザインもとても
魅力的です。

17世紀に入り透明度の高いガラスが製造されるようになると
カットやエングレーヴィングという彫刻技法の美しさが際立つ
ようになりました。

金彩、風景画、一見陶器のように絵付けされた作品も展示
されていて、制作のヒントをたくさんもらいました♪

a0142338_22112093.jpg




芸術鑑賞の後は腹ごしらえ♪
路地裏にカフェを見付けてランチ。
このお丼、なかなか美味しかったです。
マグロのたたき+お野菜+たくあん(←これがミソ!)
マイレシピに加えました037.gif

a0142338_22113729.jpg


a0142338_22115413.jpg


a0142338_2212850.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2015-08-14 22:31 | 展覧会日記 | Comments(0)

琳派400年記念

大阪高島屋で『細見美術館 琳派のきらめき』展が開催されています。

光悦が徳川家康から鷹峯の地を拝領して400年が経過したと
いうことで、あちこちで琳派の展覧会が企画されていますが
この会場では細見家で実際に飾られていた作品が多く展示されています。
主に掛け軸ですが、構図や余白の取り方がとても参考になりました。


a0142338_2223376.jpg

    神坂雪佳のユーモラスな金魚には、とても癒されるのです001.gif
[PR]
by tomo_028 | 2015-04-10 21:34 | 展覧会日記 | Comments(0)

フォロー中のブログ

最新のコメント

どうもありがとうございま..
by tomo_028 at 20:48
おめでとうございます。 ..
by shibame314314 at 21:01
はい♪ 楽しいひとときを..
by tomo_028 at 23:39
カタログ掲載の作品、とっ..
by shibame314314 at 21:10
ご来場どうもありがとうご..
by tomo_028 at 22:27
素晴らしい作品ばかりでと..
by 井ノ上妙子 at 15:35
コメントありがとうござい..
by tomo_028 at 19:46
これはほんまに特等席です..
by Masa at 10:03
コメントを頂戴し、どうも..
by tomo_028 at 22:39
こんにちは。 私もヒテ..
by desire_san at 18:49

メモ帳

最新のトラックバック

光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
大倉陶園 碗皿コレクショ..
from CRAFTS DESIGN
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
西洋白磁の頂点に君臨する..
from dezire_photo &..
ラファエロ美術の変遷とラ..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

姫路ツアー
at 2018-01-16 16:20
縁起物
at 2018-01-14 18:28
くるみボタンのブローチ
at 2018-01-08 22:25
新年明けましておめでとうござ..
at 2018-01-06 21:06
皆様、どうぞ良いお年を♪
at 2017-12-31 23:03

ファン

ブログジャンル