ポーセリンペインティング☆ブログ


ポーセリンペインティングや日々の日記
by tomo_028
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:展覧会日記( 119 )

ヨーロピアン・ポーセリンペインティング展

今日より、神戸の世良美術館でポーセリンペインティング展が開催されています。

早速お邪魔してきましたが、『この器でテーブルをコーディネートしたら、どんなに優雅な気分になるかしら♪』と思える作品ばかりです。

26日までです。
デモンストレーションも見られます001.gif


a0142338_22544857.jpg


a0142338_22550001.jpg


a0142338_22550414.jpg






[PR]
by tomo_028 | 2016-11-23 22:40 | 展覧会日記 | Comments(0)

金彩展

先日京都文化博物館の前を通りかがると、作品展の美しいポスターに目が釘付けになりました。
焼物? 漆器?・・と近付いてよくよく見ると、布地に金を付着して描かれたものでした。
親子三代に渡り技術を研究開発し、制作されてきたそうです。

早速会場に入ると豪華な屏風や呉服が数多く展示されており、絵付けの参考になりそうな作品もたくさんありました。

まだまだ知らない世界があるものです001.gif


a0142338_09165425.jpg













[PR]
by tomo_028 | 2016-11-23 07:23 | 展覧会日記 | Comments(0)

ポンペイの壁画展

週末に兵庫県立美術館へポンペイの壁画展を観に行ってきました。

漆喰を塗り、乾かないうちに色土で描かれたということですが、長い年月地中に埋まっていたとは思えない色鮮やかさに驚きました。
火山灰が乾燥剤の役割を果たしたのだそうです。

モチーフは、壮麗な宮殿や庭園、草花や小動物、ギリシャ神話に出てくる神々など。
時代を追って複雑な色使いになっていくのがよくわかります。

これほど日常生活と芸術が密着していたとは・・当時の様子をのぞいてみたくなりました☆


a0142338_10434493.jpg


a0142338_10434763.jpg


a0142338_10435007.jpg




ランチは元町・伊東グリルのビーフシチューをいただきました♪
やっぱり美味しい~003.gif

a0142338_10435445.jpg



























[PR]
by tomo_028 | 2016-11-01 10:20 | 展覧会日記 | Comments(0)

祇園にて

以前アップした犬マグ猫マグのカップを作って下さった方が祇園のギャラリーでグループ展を開催されています。

急須、湯飲み、お鉢、小皿・・生地はうっすら青みがかっていて、手にしっとり馴染みます。
食卓に並べたくなるものばかり。

ご自身の作品には殆ど絵付けをされていないですが、私が描いて焼成した時に貫入が入ったのは、恐らく徐冷が早かったせいでしょう、とのことでした。
と言っても無理に冷ました訳ではなかったので、途中何度かスイッチを入れてよりゆっくり温度を落としていかないといけないのですね。

又是非コラボしましょう、と。
楽しみが増えました♪


a0142338_09180959.jpg


a0142338_09181257.jpg


a0142338_09181492.jpg


a0142338_09181730.jpg

↑ギャラリーも素敵なのです☆


a0142338_09181976.jpg


a0142338_09182229.jpg


[PR]
by tomo_028 | 2016-10-21 09:09 | 展覧会日記 | Comments(0)

デミタスカップ

橋本関雪記念館でデミタスカップ展を観てきました。

様々なデザイン、形状のカップ&ソーサーがずらりと展示されていました。
これはもう、ワクワクします!

嬉しいことに撮影OKです。
カメラにたくさん収めてきましたので、制作の参考資料にさせていただこうと思います☆


a0142338_11211466.jpg


a0142338_11211616.jpg


a0142338_11212442.jpg


a0142338_11212798.jpg


a0142338_11212935.jpg


a0142338_11213145.jpg




立派なお庭も散策してきました。

a0142338_11213435.jpg




ランチは会場のすぐ近くにあるレストランで。
関雪が建てたスパニッシュの洋館で、こちらも素敵なのです♪

a0142338_11213711.jpg


a0142338_11214056.jpg


a0142338_11214310.jpg











[PR]
by tomo_028 | 2016-09-24 10:51 | 展覧会日記 | Comments(0)

デミタスカップコレクション

現在開催中の展覧会です。
色んなデミタスカップが見られます♪
a0142338_16282638.jpg




トークショーや、イノダコーヒーとのコラボレーションも☆
a0142338_16282978.jpg



会場 白沙村荘 橋本関雪記念館
会期 2016年9月25日(日)まで
















[PR]
by tomo_028 | 2016-09-04 16:18 | 展覧会日記 | Comments(0)

兵馬俑

国立国際美術館で開催中の『始皇帝と大兵馬俑展』へ。


将軍俑、騎兵俑、雑技俑などの兵馬俑がずらりと展示されている会場に入った時は、物凄い歴史に触れた気がしてゾクッとしました。


一体一体表情が豊かで細かいとこまで表現されています(←靴の裏の滑り止めとか)。
今にも動き出しそうなものもあり、芸術品を観ているようでもありました。

a0142338_12102217.jpg


a0142338_12102443.jpg




こちらはレプリカですが、迫力あり圧巻!(←撮影OK)

a0142338_12102676.jpg


a0142338_12102867.jpg













[PR]
by tomo_028 | 2016-08-21 11:38 | 展覧会日記 | Comments(0)

ポール・スミス

京都国立近代美術館で開催中の『ポール・スミス』展へ

これまで、ポール・スミスはイギリスのファッションデザイナーというくらいの認識しかありませんでしたが、こんなに多才で個性的で、ファッションだけにとどまらずあらゆるもののデザインを手掛けていることにびっくり。

今回の展覧会は、展示全てがアート。
嬉しいことに撮影OKでしたのでアップします!


a0142338_07332552.jpg




a0142338_07332799.jpg

a0142338_07332930.jpg



a0142338_07333105.jpg

a0142338_07333396.jpg



a0142338_07333561.jpg



a0142338_07333752.jpg



a0142338_07333966.jpg



a0142338_07334221.jpg





ランチは美術館近くの西利のお店で『お漬け物のアフタヌーンティー』。
何だか不思議な組み合わせですが、美味しくいただきました♪

a0142338_07334498.jpg



















[PR]
by tomo_028 | 2016-07-04 07:07 | 展覧会日記 | Comments(0)

東大寺にて

先日アップしました陶彩画展へ。
a0142338_08153402.jpg


a0142338_08153653.jpg


予想通り透明感のある鮮やかな色彩、繊細な線の美しい作品でした。
菩薩や天女といったモチーフには心が落ち着きます。

入口では制作行程のビデオが流れていました。
まずは背景の色をエアスプレーガンで吹き付けることから始めます。
その上にモチーフを描いていくのですが、一色ごとに焼成していくのだそうです。
焼成回数は数十回にもなるとか。
線引きには毛足の長い筆を立てて使っておられたり・・など、とても勉強になりました。



お庭では蓮が見事に咲いていました。
この展示会にぴったり☆
a0142338_08154095.jpg


a0142338_08154276.jpg


a0142338_08154541.jpg


a0142338_08154734.jpg


a0142338_08155083.jpg








[PR]
by tomo_028 | 2016-07-01 07:14 | 展覧会日記 | Comments(0)

アルチザン

大阪歴史博物館で開催されている『近代大阪職人図鑑』へ。

明治維新以降の工芸は東京を中心に発展して高い評価を受けましたが、遠く離れた大阪の職人(アルチザン)や作品には注目されないままのものが多々ありました。そういったもの約170点が紹介されています。

竹工、木工、漆芸、象牙彫刻・・見る度に思いますが、この時代の工芸品はなんてレベルが高いのでしょうか。

そして!私の一番の注目は、藪明山氏の薩摩焼です。
藪氏は大坂の長堀生まれ。
明治から昭和にかけて中之島で『陶器描画場』を経営し、緻密さでは他の追随を許さなかったそうです。
確かに作品を見ると、毛一本の細さで小さい柄が見事に描かれています・・溜め息。

この藪先生、お知り合いの生徒さんのひいひいお祖父様ということで、勝手にご縁を感じつつ(笑)、拝見してまいりました。

a0142338_10030958.jpg


a0142338_10031328.jpg


a0142338_10031675.jpg


a0142338_10031721.jpg






こちらは、あるお集まりでいただいてきたお料理。
器がとても素敵でした。
モチロン、お味も~♪

a0142338_10031901.jpg


a0142338_10032186.jpg


a0142338_10032396.jpg


a0142338_10032456.jpg


a0142338_10032626.jpg


















[PR]
by tomo_028 | 2016-06-18 09:17 | 展覧会日記 | Comments(2)

フォロー中のブログ

最新のコメント

どうもありがとうございま..
by tomo_028 at 20:48
おめでとうございます。 ..
by shibame314314 at 21:01
はい♪ 楽しいひとときを..
by tomo_028 at 23:39
カタログ掲載の作品、とっ..
by shibame314314 at 21:10
ご来場どうもありがとうご..
by tomo_028 at 22:27
素晴らしい作品ばかりでと..
by 井ノ上妙子 at 15:35
コメントありがとうござい..
by tomo_028 at 19:46
これはほんまに特等席です..
by Masa at 10:03
コメントを頂戴し、どうも..
by tomo_028 at 22:39
こんにちは。 私もヒテ..
by desire_san at 18:49

メモ帳

最新のトラックバック

光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
大倉陶園 碗皿コレクショ..
from CRAFTS DESIGN
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
西洋白磁の頂点に君臨する..
from dezire_photo &..
ラファエロ美術の変遷とラ..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

長浜ツアー
at 2017-06-25 20:52
キルンアート 夏の限定カタログⅡ
at 2017-06-21 14:09
キルンアート 夏の限定カタログ
at 2017-06-19 09:19
ガラス絵付け
at 2017-06-16 20:36
ご当地チョコ♪
at 2017-06-15 20:27

ファン

ブログジャンル

ハンドメイド
アート・デザイン