ポーセリンペインティング☆ブログ


ポーセリンペインティングや日々の日記
by tomo_028
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:展覧会日記( 121 )

ボストン美術館展

京都市美術館で開催されている『ボストン美術館展』へ行ってきました。
名画のフルコース・・というキャッチコピーだけあって、あらゆるジャンルの
作品を楽しむことができました。
モネ、マネ、レンブラント、エル・グレコ、ミレー、ドガ、コローたちが描いた
肖像画、宗教画、風景画、静物画などです。
中でも感激したのは、ブーグローの作品でした。
彼はアカデミズム絵画を代表するフランスの画家で、少女や天使を描いた作品が
多いのですが、その表情の愛らしいこと・・☆
バランス感覚も素晴らしいです。
数々の展覧会に足を運んできましたが、彼の作品を実際に目にしたのは初めて。
嬉しくて、いつまでも眺めていたのでした。

a0142338_202665.jpg


a0142338_2023758.jpg

          
a0142338_20163272.jpg

  ブーグロー『兄弟愛』・・ラファエロの『聖母子像』を思わせますが、時代が
  宗教画を受け入れなくなりつつあったので、あえてこの題名にしたのでは・・
  ということでした。勿論撮影は×ですので、手持ちの画集より☆

a0142338_2033097.jpg

                 雨の平安神宮も、なかなか良いものです☆

a0142338_2034449.jpg

  美術館の帰りに、京都大丸で開催されている『オールドノリタケ展』に行きました。
  明治時代のものが多かったです。
  明治末期には、殆どが海外向けに生産されており、僅かに日本向けに
  生産されたものは、淡い色使いのお花の柄などだったそうです。
[PR]
by tomo_028 | 2010-07-29 20:30 | 展覧会日記 | Comments(0)

麗子登場!!

兵庫県立美術館で開催されている『麗子登場・名画100年美の競演』展
へ行ってきました。
江戸時代から戦後までの洋画が展示されています。
画家は様々・・有名なところでは、岸田劉生、小磯良平、佐伯祐三、
藤田嗣治などです。
多くの画家がヨーロッパへ留学しましたが、帰国後は西洋で学んだものを
どの様に生かしていくべきか悩んだそうです。
苦しみ抜いた上での、この素晴らしい作品の数々なのだ・・としみじみ。
一番目を引いたのは、やはり岸田劉生の『麗子像』でした。
今回展示されていたのは、赤い絞りの着物姿の作品でしたが、麗子さんを
描いた作品は、なんと70点もあるそうです。
愛情をたっぷり注いでおられたのでしょうね。
a0142338_2111471.jpg
a0142338_21121649.jpg

           夜の美術館が好き☆  空いてるし、雰囲気も良し☆
[PR]
by tomo_028 | 2010-07-17 21:16 | 展覧会日記 | Comments(0)

水面に浮かぶ美術館

週末、佐川美術館へ行ってきました。
平山郁夫さんの追悼展と、竹久夢二さんの展覧会が開催されています。

作品はもとより、美術館の美しさに感動・・!
今まで、行きたいと思いつつ距離にくじけて行きそびれていたのですが
実際目にすると、なんと素晴らしいこと。
敷地のほとんどが水庭になっており、切妻屋根の展示館が水面に
浮いているかのようです。
お天気が良かったので、殊更の美しさでした☆
a0142338_22495265.jpg


a0142338_22502223.jpg

                ↑ 蝦夷鹿の彫刻・・頭のあたりが分かりにくい・・?

a0142338_22504181.jpg


a0142338_22505835.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-06-07 23:01 | 展覧会日記 | Comments(0)

日本画展へ☆

京都大丸ミュージアムで開催されている『東方彩夢 森田りえ子展』へ
行ってきました。
スケールの大きな花鳥画からは、生命力やエネルギーを、
舞妓さんやエキゾチックな人物像からは、女性らしい華やかさや
可愛らしさを感じました。
金閣・鹿苑寺方丈が解体修理されるのに合わせて納められた杉戸絵も
展示されていました。
なんと800年の樹齢の杉板に描かれているのです。
モチーフは、花菖蒲、牡丹、椿、菊。
なかでも、菊の花びらの繊細なこと・・!
上絵付けだと、どんな風に描いたら良いのかしら・・とまじまじ見つめて
いたのでした☆
a0142338_23431879.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-05-24 00:03 | 展覧会日記 | Comments(0)

芸術の春~等伯展も良いけど千佳慕展もね☆

伊丹市立美術館へ、熊田千佳慕展を観に行ってきました。
前回の京都展を逃したので、今回は絶対絶対行こう!と心に決めていました☆

熊田千佳慕さんは、「日本のプチファーブル」と呼ばれた細密画家です。
お若い頃はデザイナーや絵本の挿絵のお仕事をされ、60歳を過ぎてからは
「ファーブル昆虫記」を描くことをライフワークに、昨年99歳でご逝去
なさるまで制作活動を続けられました。

モチーフは、虫、花、動物などですが、特に虫を描いた作品はとても
インパクトが強い!です。
実物よりもかなり巨大な虫たちが、生き生きと色鮮やかに描かれています。
隅々まで丁寧に細かく描かれ、思わず一作品一作品顔を近づけて鑑賞せずには
いられませんでした。
構図にはところどころにメルヘンチックな印象を受け、千佳慕さんの
お優しいお人柄がうかがえます。
予想以上の素晴らしさに感動・・☆

千佳慕さんのコメントによると、昆虫は動き回るので野外で描くことは難しく、
頭に焼き付けて帰宅してから描かれたそうです。
這いつくばってじっとしたまましばらく観察していると、行き倒れ老人に
間違われたこともあります・・と☆

展示の最後は、99歳の千佳慕さんの映像でした。
お元気に虫を観察され、制作時は裸眼で、筆先2,3本の毛で細密描写を
されています。
あやかりたい・・!の一言です☆
印象的だったのは「見る、見つめる、見極める、そして納得した上で描く」
という言葉でした。
心に留めて描いていきたいと思います。
a0142338_1339992.jpg
a0142338_1351575.jpg
a0142338_13395071.jpg

a0142338_1340425.jpg

    はじめて訪れましたが、とても素敵な美術館でした☆
a0142338_13402549.jpg

    清酒発祥の地として栄えた伊丹郷町。風情が漂う街並みです。


    虫ギライのM子ちゃん、付き合ってくれてありがとう♪
[PR]
by tomo_028 | 2010-05-02 12:52 | 展覧会日記 | Comments(0)

よろしおすえ、等伯

昨日、京都国立博物館で開催されている、長谷川等伯展へ
行ってきました。
人気があるとの噂を聞いてはいたものの、お昼時に到着すると
なんと70分待ち!
快晴で陽射しは強いし、着物で来てるし・・と軽いめまいを覚えましたが(笑)
友人と、のんびり行きましょう♪ということに。

という訳で、まずはランチへGo!
博物館のお向かいのホテルでは、着物で行くとお食事が一人無料になる
嬉しいサービスが♪ うふふ♪
ツツジがきれいに咲いているお庭を眺めつつ、ゆっくりお食事&お喋り。

それから、三十三間堂へと向かいました。
いつもながら、仏様たちはきちんと整列されています☆
よく見ると、お一人お一人お顔が違います。
なんでも、必ず会いたい人に似ている像があるそうですよ。

そして、メインイベント、等伯展へ!
等伯ははじめ、信春と名乗り主に仏画を描いていました。
30代になると上洛し、仏画、肖像画、花鳥画と幅広く制作活動して
秀吉や利休に重用されるまでになりましたs。
一代で狩野派を脅かすまでに登りつめるとは、何たる才能&パワー。
そんなジャパニーズドリームを手にした等伯ですが、一方で大切な家族に
次々と先立たれる不幸に見舞われました。
その親族達の冥福を祈るために描かれた、縦10メートル、横6メートルの
涅槃図は圧巻でした。
入滅しようとする仏陀のまわりで、深い悲しみにくれる弟子や動物たちの
様子が、等伯の心の内を表しているのを感じました。
そして等伯の代表作となっている『松林図屏風』も、等伯の右腕となり
将来を嘱望した息子が急逝した後に描かれたそうです。
そんなエピソードを読んであらためて作品を観ると、そこには悲しみが
詰まっているように見えてくるのです。
                               『松林図屏風』
a0142338_23541352.jpg
         
a0142338_2354316.jpg
        
a0142338_2354479.jpg

a0142338_23544071.jpg

三十三間堂の八重桜・・青い空に映えてきれい☆
[PR]
by tomo_028 | 2010-04-30 23:59 | 展覧会日記 | Comments(0)

見ルノ、知ルノ、感じルノ。

国立国際美術館で開催されている『ルノワール展』へ行って来ました。
初日ということもあり覚悟をして行ったのですが!、思った程
混雑しておらず、ゆっくり鑑賞することができました。

彼の絵には、何と言っても色彩の美しさに目を奪われます。
絵によって色合いは違うのですが、それぞれの色彩構成が絶妙☆
色使いの勉強になりました。
人物、風景、静物・・どれも素晴らしく、堪能&大満足です。

彼はリモージュに生まれ、若かりし頃磁器上絵付けの仕事に
携わったそうです。
少し近くに感じます・・よね

a0142338_23264953.jpg

超有名な『可愛いイレーヌ』。この絵の前では、しばし立ち止まりました。
それとこのキャッチコピー。インパクトがあって心に残ります☆

[PR]
by tomo_028 | 2010-04-17 23:32 | 展覧会日記 | Comments(0)

ハプスブルク帝国の栄光

先日、神戸にある関西国際文化センターへ『華麗なるオーストリア大宮殿展』
を観に行きました。
ハプスブルク家ゆかりの宮殿を紹介するもので、肖像画、工芸品、家具、
装身具など様々なジャンルの名品が展示されていました。

エリザベートは光り輝くように美しく描かれ、マリア・テレジアの表情は
非凡なる政治家としてのパワーに満ち満ちていました。
その他の肖像画も、細部まで丁寧に描かれとても美しかったです。

ウィーン磁器工房による絵皿や食器のセット、当時の宮廷用の豪華な
テーブルセッティングも見応えがありました。
ペインター必見!です☆
a0142338_19533616.jpg

[PR]
by tomo_028 | 2010-03-15 19:59 | 展覧会日記 | Comments(0)

マッキアイオーリ展

絵付け協会の総会に出席するため、東京へ行ってきました。
折角なので展覧会を色々検索し・・、東京都庭園美術館の
『マッキアイオーリ展』へ立ち寄ることにしました☆

この美術館は、昭和8年に朝香宮邸として建てられました。
アールデコ様式で、天井、ランプ、暖炉など、どれを見ても
素敵なデザインばかりです。
実際にこの邸宅でどんな生活が送られていたのかしら・・
と思いが頭をめぐります。

マッキアイオーリとは、イタリアに生まれた先進的な芸術運動です。
自然の風景や日常生活が、いきいきと描かれていました。
印象的だったのは、光と影の表現です。
陽を受けている部分と影の部分のコントラストが非常に強く、
トスカーナ地方の陽射しが、まるで観ているこちら側にまで
降り注いでくる様でした。
a0142338_2254163.jpg

a0142338_22123868.jpg

門をくぐって、てくてく歩きます
a0142338_22164625.jpg

お庭から撮影☆
a0142338_2262253.jpg

a0142338_226486.jpg

ディナーは『イタリア繋がり』で♪
[PR]
by tomo_028 | 2010-03-08 22:21 | 展覧会日記 | Comments(0)

エリザベート

先日絵付け体験を終えた後、京都国立博物館で開催されている
『THE ハプスブルク』展へ行きました。
美しい肖像画がたくさん展示されていましたが、中でも
『オーストリア皇妃エリザベート』の素晴らしいこと・・☆
書籍などで何度も目にしていましたが、やはり本物はその比では
ありません。
凛とした表情に吸い込まれるようで、しばしその場を立ち去り
難かったです。

肖像画の鑑賞は、ポーセリンペインティングで人物を描くときの
勉強になります。
髪の毛や肌の陰影の出し方、衣服の皺の描き方などを意識して
観察します。
肌は、いわゆる『肌色』と、それを暗くした色だけで描きがち
ですが、絵画を観察すると、グリーン、ブルー、パープルなどの
色も使われています。
そして、人物の輪郭線もポイントです。
殆どがくっきりさせず、ぼかし気味に描かれています。
KPMのアンティークの人物画などを見ても、同様ですね。
これらが、美しい人物画を描くポイントかな、と思います☆
a0142338_2226930.jpg

右上がエリザベートです♪
[PR]
by tomo_028 | 2010-02-22 22:37 | 展覧会日記 | Comments(0)

フォロー中のブログ

最新のコメント

どうもありがとうございま..
by tomo_028 at 20:48
おめでとうございます。 ..
by shibame314314 at 21:01
はい♪ 楽しいひとときを..
by tomo_028 at 23:39
カタログ掲載の作品、とっ..
by shibame314314 at 21:10
ご来場どうもありがとうご..
by tomo_028 at 22:27
素晴らしい作品ばかりでと..
by 井ノ上妙子 at 15:35
コメントありがとうござい..
by tomo_028 at 19:46
これはほんまに特等席です..
by Masa at 10:03
コメントを頂戴し、どうも..
by tomo_028 at 22:39
こんにちは。 私もヒテ..
by desire_san at 18:49

メモ帳

最新のトラックバック

光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
大倉陶園 碗皿コレクショ..
from CRAFTS DESIGN
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
西洋白磁の頂点に君臨する..
from dezire_photo &..
ラファエロ美術の変遷とラ..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

バラ柄の白鳥 Ⅱ
at 2017-08-22 21:15
バラ柄の白鳥
at 2017-08-19 20:51
夏のサムホール展
at 2017-08-18 21:24
コーヒー色のブローチ
at 2017-08-15 18:10
カラフェ&グラスのセット
at 2017-08-14 18:01

ファン

ブログジャンル

ハンドメイド
アート・デザイン